【冷凍食品】もちもち食感!肉汁ドバッ!味の素「黒豚肉餃子」が絶品!

フード

味の素より冷凍餃子「黒豚肉餃子」が2021年5月16日より期間限定発売!

期間は約3か月間のため8月中旬頃までとなります。

味の素の「ギョーザ」と言えば言わずもがな冷凍餃子No.1の絶対王者。

今回は使用豚肉を鹿児島県産黒豚100%使用しているプレミアムな冷凍餃子が新登場!

もっちり厚皮で包んだ大粒の餃子で食べ応え抜群です。

この「黒豚肉餃子」とレギュラーの「ギョーザ」を色々と比較してみました。

当たり前ですが、食べ比べるとその美味しさの違いがハッキリしてます。

黒豚肉餃子はお店レベルの餃子の美味さが楽しめる冷凍餃子なんじゃないでしょうか。

商品名味の素黒豚肉餃子
容量270g(9個入)
発売日2021年5月16日
価格表記無し
メーカー味の素冷凍食品株式会社

トレーと餃子の大きさ比較

とりあえずいろいろ比較ということで、まずトレーの入り数を見てみると

「黒豚肉餃子」は9個入りに対して「ギョーザ」は12個入りとなっています。

こちらは「黒豚肉餃子」タテに3個
そしてこちらは「ギョーザ」タテに4個

パッケージ全体の大きさは同じですが、それぞれ餃子の大きさが違うのがハッキリわかります。

餃子1個あたりの大きさはそれぞれ23gと30gとなっていて、「黒豚肉餃子」のほうが7g大きくなっています。

たかが7g、されど7g

大きさを比較するとこれだけ違いが出ます。

結構違いますでしょ?

大粒でかなり食べ応えありそうです。

フライパンで調理

そんなわけでさっそく焼いていきましょう。

フライパンに並べて両方を同時に焼いていきます。

焼きあがる前にごま油を底に垂らすと香ばしい羽根が付いてより美味しくなりますよ!

焼き上がりはこんな感じです。

どっちも美味しそうですが、やっぱり「黒豚肉餃子」デカイですね。

腹も減ってることですし、食べ比べていきます!

食べ比べ

「黒豚肉餃子」からいただきます。

一粒が大きいので一口でもいけるのですが、半分ずつ食べたほうがよさそうです。

黒豚の旨みとにんにくが適度に利いていてめちゃ美味しい!

もちもちの皮を噛むとすすれるほどの肉汁がジュワッと溢れ出して、肉肉しい感じが食欲をそそり次々と食べたくなります。

ビールとの相性は抜群で、キンキンに冷やしてから一緒に飲むとたまりません。

対する「ギョーザ」は安定した美味しさで、にんにく感が抑えられていて野菜の旨みを味わえてあっさり食べられます。

どちらも違った美味しさがあるのですが、個人的に「黒豚肉餃子」を食べた後に「ギョーザ」を食べると少し物足りなさを感じました。

まとめ

「黒豚肉餃子」は約400円と「ギョーザ」の倍くらいの価格設定ですが、それでもこの味なら納得の価格です。

今かなり話題のアサヒスーパードライの生ジョッキ缶と一緒に食べればより、お店感覚で楽しめてコロナ渦の息詰まりを解消してくれそうですね!

【生ジョッキ缶】自宅で生ジョッキ感覚が味わえるスーパードライを飲んでみた!

普段の家飲みを少し贅沢かつ盛り上げてくれる一役を買ってくれる餃子なので、ぜひ手に取って自宅でプレミアムな感じを楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました