ベッドパッドの素材(詰め物)ポリエステルの特徴

ベッド

ベッドパッドの素材(詰め物)ではウールや綿が良く使われていますが、ポリエステルもメイン素材として使われています。

ウールや綿はなんとなくわかる、だけどポリエステルってよく聞くけどどんなの?って思う人も多いと思います。

どうせ選ぶなら特徴を把握したうえで自分に合う素材を選んでいきたいところ。

ということで今回はベッドパッドで使われているポリエステルの特徴について紹介していきます。

ポリエステルとは

ポリエステルは原料に石油が使われている合成繊維の1つです。

ポリエステルにもいくつか種類があり、ペットボトルもポリエステルで作られています。

天然繊維の「ウール」や「綿」と違って、加工がしやすく人工的に大量生産ができるので様々な製品に使われています。

身近のものとしてはシャツなどの衣類、かばん、傘、ベッドの生地などなど。

ポリエステルの特徴

軽くて丈夫

ポリエステルの特徴の1つとして軽く丈夫なところが挙げられます。

熱に強く、伸び縮みしにくいので基本的に洗うことができ、シワになりにくいのも特徴です。

ベッドパッドでもポリエステル素材のものは大体が洗えるので、いつも清潔に保つことができます。

速乾性がある

吸水・吸湿性が低いポリエステルは、繊維自体が水分をあまり含まない性質を持っているので濡れても乾きやすいです。

ボックスシーツや敷パッドにも使われており、寝汗で濡れても速乾性があるのでサラっとした寝心地になります。

価格が安い

天然素材のウールや綿と違ってポリエステルは大量生産ができます。

それによって価格を抑えることができるので、安価で手に入れることができます

機能性を追加できる

ポリエステルでは加工することによって機能追加ができます。

抗菌防臭加工をすることで細菌の増殖を抑え、気になる嫌な臭いを防げますし、防ダニ加工をすればダニの繁殖を抑え、清潔に保てます。

アレルギーを持っている人も安心して使えるのが嬉しいですよね。

吸湿・保温性が低い

ウールや綿に比べると吸湿性・保温性ともに低くなります。

保温性に関しては極端に低くなるわけではないのですが、吸湿性はかなり劣ってしまいます。

というのも速乾性があるポリエステルですが、そのかわり水分をあまり吸収しないようになっているので吸湿性は低くなるというわけです。

しかし、ベッドパッドでは吸湿性よりクッション性を求めるのでそこまで気にするところではないでしょう。

保温性も気になる場合は、敷パッドを重ねることによって改善できるので試してみてください。

静電気が起こりやすい

ポリエステルは静電気が起こりやすい繊維なので、使っているとパチッっとなる可能性もあります。

乾燥しやすい冬の時期は注意が必要です。

毛玉になりやすい

ポリエステルは摩擦などによって毛玉ができやすいです。

繊維に強度があるので毛玉を処理するときも取りにくいといった特徴もあります。

燃えやすい

可燃性の繊維なので、1度火が着くと燃え広がる危険があります。

タバコなど火元になりそうなものは近づけないようにしましょう。

【関連記事】

マットレスの寝心地改善!素材別ベッドパッド3選
マットレスが硬かったり、経年でヘタってきて寝心地が悪いときにベッドパッドが役立ちます。ベッドパッド自体に厚みがありクッション性が高いので、マットレスの上に敷くことで寝心地を改善することができますし、マットレスを長く使うための保護に...

まとめ

ポリエステルの特徴をまとめると以下の通りです。

ポリエステル
  • 軽くて丈夫なので伸び縮みしにくく洗える
  • 速乾性があり、汗をかいても乾きやすくサラッとした寝心地
  • 価格が安いので手に入れやすい
  • 抗菌防臭・防カビなど加工によって機能を追加できる
  • 吸湿・保温性がウールや綿に比べて劣る
  • 静電気が起こりやすいので冬場は注意
  • 毛玉になりやすい
  • 燃えやすい繊維

ポリエステル素材のベッドパッドはウールや綿に比べて安価で手に入れることができるので、2枚買いもしやすいです。

基本的に洗うこともできるので、2枚持っていれば洗うときに替えられて便利ですよ。

なのでとくにこだわりがない人は、ポリエステルのベッドパッドを選ぶのがいいと思います。

 

【関連記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました