コロナワクチン接種 第2回目と副反応について

雑記

コロナワクチン接種の2回目を行なってきました。

前回同様に職域接種なんで、会社でのワクチン接種となります。

コロナワクチン接種の1回目と2回目の大きな違いは副反応なんですが、実際にその違いを身をもって実感しました。

副反応めっちゃキツいです…

ワクチン接種1回目の副反応

関連記事:コロナワクチン接種 第1回目とつぶやき

前にワクチン接種1回目の事を書いたんですが、接種前に医師から問診を受けます。

その時の体調やアレルギーがあるかなど聞かれて、異常なければ接種しますよと。

この時は副反応のことも「腕が痛くなるかも」くらい軽く言うのみで、特に深刻に考える必要もなさそうな感じでした。

でもってワクチン接種しても接種した部分が若干痛むだけで、他に副反応と思われる症状はなかったです。

ワクチン接種2回目の副反応

4週間後に2回目を接種しました。

接種前の問診で医師から「2回目は副反応が大きく出るので」と言われ、問診の最後に「頑張りましょう!」と激励の言葉をいただきました。

頑張りましょうって何だ?とよく分からずにそのまま接種に向かいました。

2回目の接種も、1回目同様に全く痛くなく午前11時には全て終了。

腕に思い切りぶっ刺してるのに、痛くないのはホントすごい。

その後は定期的に熱を測って体調の変化を確認していきました。

熱も36℃台をキープしたまま夜8時を迎えたので、2回目もこんなもんかと少し気が緩みました。

しかし本当の闘いはここからだったのです。(この言い回してみたかった)

夜9時には37℃半ば、そして10時過ぎた頃には38℃台を突破。

だが熱に強い私は38℃を超えても普通に行動できるのでここまでは問題ない。

夜11時を過ぎた頃に最大の敵が来ました。

ヤツです。オカンです。
じゃなくて悪寒です。

もうとにかく寒い!この夏に冷房も扇風機もつけてないのに震えが止まらない。

身体中がこわばって、全身疲れるし眠れないしでめちゃめちゃキツいです。

この時に今朝言われた医師の「頑張りましょう!」という言葉の意味が分かった気がします。

おそらくこんな経験生まれて初めてかも。

そのまま眠れず朝2時にはMAXの39.4℃を記録。

結局ほとんど眠れず、全身筋肉痛のような状態で朝を向かえました。

朝9時頃には平熱に戻り体調も元に戻ったので良かったんですが、悪寒があんなにキツいとは思わなかったです。

恐るべし副反応…

2回目の副反応は約半日、悪寒に苦しめられました。

高熱も出たんですが、熱自体はそんなにキツくはなかったです。

友達は悪寒や発熱に加えて嘔吐や下痢も発症して2日間寝込んだと言ってました。

芸能人でも熱が40℃超えたとか色々ニュースにもなってるので、2回目の副反応の発症率はかなり高いんですね。

とにかく2回目も終わってホッとしてますが、それでもコロナに感染しないわけではないので基本的な感染予防は継続しなきゃです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました