バーでの酔っ払いとの邂逅 その1

雑記

まだコロナが流行る前のこと。

とあるカラオケバーで友人と気持ちよく飲んでました。

名のとおり歌って飲んでが出来る、今じゃちょっと考えられない飲み屋。

その日は貸し切り状態で店員と私と友人の3人だけでした。

そのまま貸し切り状態でいられるのかなーとか思った矢先に、2人組の男が来店。

夜11時前くらいだったから、この時間に来るんだと思いながら気にせず飲んでました。

するとその2人の男共は自分達のいるカウンターに座り、いきなり絡んできたんですよ。

あー友人の知り合いなんだと思って、気にせずにそのまま飲んでました。

私は飲んで、友人が立って歌っていると2人組の男の1人がいきなり友人のズボンを降ろしたんです。(正確にはパンツまで降ろしてたのでちょっとしたフル○ン騒動です)

おいおい、酔ってるとはいえ店内でパンツまで降ろすかよ…と半ば信じられない光景でした。

おかげで友人の友人までお目見えする始末。

お互い笑ってたから、そんな親しい間柄なんだとか思ってたけど友人の様子がおかしい、、、

ちょっとイラッとしてる感じから察するに初対面で、コイツらが酔っ払って絡んでただけみたい。

そしたら歌い終わると同時に友人がキレ出した。

どうやら歌い終わるまでは我慢していたらしい。

どんだけ歌が好きやねんと思いながら、友人を宥めても一向に収まる気配がない。

最初に仕掛けてきたヤツら2人も何故かキレてるし、ものすごくわちゃわちゃしてきたワケです。

店外戦へ

店員と自分でその場を収めようとしても収まらず、

ついには友人が「表にでろやぁ!」と叫んでそのまま店外戦へ突入。

そっからは友人とズボンを降ろし男が掴み合いを始めて、収集がつかない状態。

友人は友人で馬鹿力だし酔ったらさらにブースターがかかるので、店員と自分の男2人でも全く収まらない。

あげくにズボン降ろし男が私と友人に向かって

「コイツら風俗店で働いてて、詐欺やってるヤツらぞ!コイツらが悪いんじゃ」

とかぬかしやがる。

逆ギレも甚だしく呆れますよ。

警察へ通報

言葉も通じないし多分このままいくと血を見ることになると感じて、店員に協力してもらい警察に出動要請。

警察が到着しても友人とズボン降ろし男はギャーギャー叫んでて、もうわけわからんかったです。

そんなわけで警察にも協力してもらい、ズボン降ろし男とその連れをタクシーに詰め込んで強制送還。(日本人だけど)

その後警察に色々と説明したけど、何故かお互いに今後気をつけて下さいと注意される始末。

腑に落ちないまま帰宅したけど、友人はあまり覚えてなかったのが幸いかな。

事の発端は男2人組にあるので蒸し返すことがなくて良かった。

とまぁ、これを書いて何が言いたいかと言うと酒に飲まれるヤツは飲むなと。

自分が気持ち良く飲むのはいいけど、他人に迷惑かけても飲むヤツに資格はないと思うんです。

自分の適量を知らずに結局抑制できないヤツって、同じ過ちを繰り返してるんですよね。

私含めてですが、お酒を飲むならもっと気をつけて飲もうよと思うそんな酔っ払いの邂逅でした。

ちなみにズボン降ろし男は後日、同じバーで別の客に掴みかかってたみたいです。
もうダメですわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました