ローベッドとフロアベッドの違いやメリット・デメリットとは?

ベッド

ベッドって家具の中でもトップクラスに大きいサイズですよね。

収納付きのベッドとなるとさらに高さが出るので、いざ部屋に置いてみると意外と圧迫感あるなと感じる人もいます。

そんな圧迫感をなくして開放的な空間にしてくれるベッドで人気なのがローベッド・フロアベッドです。

他のベッドと比べて敷布団のような低さがあり、ベッドを設置しても圧迫感を感じさせない広々とした部屋になるので

・1人暮らしを始める人
・部屋が狭いけどベッドが欲しい人
・収納に余裕があるけど部屋の圧迫感がきになる人

におすすめのベッドです。

ローベッドとフロアベッドの違い

低いベッドをネットで見ていると、ローベッドフロアベッドの言葉が出てきます。

ショップやメーカーによっては、同じ意味として扱われていたりもしますが実は微妙に違いがあります。

出典:PayPayモール

フロアベッドとは、床板の上にマットレスを置いてベッドフレームで囲ったものです。

脚がなく床と床板との間に空間がないので、限りなく床に近い高さにマットレスがきます。

フロアベッドはフレームや床板を直置きするという、簡単な造りになっているのが特徴です。

出典:Yahoo!ショッピング

一方、ローベッドはベッドの高さを抑えつつも床板が床から離れているか、脚が付いています

ベッドフレームと床板がフラットな状態になるので、フロアベッドよりマットレスが高い位置にきます。

低いながらも脚が付いていたり床板が高くなるので、フロアベッドと比べ、よりベッドらしい見た目なのが特徴です。

フロアベッド
 床とマットレスの間には床板しかなく空間がない
 脚がなくベッドフレームや床板を直置きしている状態
■ローベッド

 床板がベッドフレームとフラットになっていて、床と床板との間に空間がある
 脚が付いていたり、ベッドフレームがあるので床板が直置きにならない

フロアベッド床板 出典:Yahoo!ショッピング
ローベッド床板 出典:Yahoo!ショッピング

ということになります。

ですが、低いベッド=ローベッド
と統一しているところも多くなっています。

ローベッド・フロアベッドのメリット

ここからはローベッド・フロアベッドのメリットを挙げていきます。

基本的に共通して言えることですが、ローベッドのみ、フロアベッドのみのメリットもあるので同時に挙げていきます。

共通のときはローベッドに名前を統一しておきます。

開放感のある部屋にできる(共通)

このベッドの1番のメリットは開放的な広々とした部屋にできること。

通常のベッドだとそれなりに高さがあるし、収納付きベッドはさらに高さが出ます。

ローベッドならかなり高さが抑えられているので、圧迫感を感じにくくなり部屋を広く見せることができます。

ベッド=大きくて圧迫感がある、というイメージがありますがローベッドはそれを払拭するようなベッドです。

ベッドから落ちてもケガをしにくい(共通)

寝ているときなど万が一ベッドから落ちてしまっても、床に近いのでケガをしにくく一般的なベッドより安全性は高まります。

なので子ども用のベッドとしてもおすすめです。

しかし、小さな子どもにとってはローベッドでも高さがあるので十分に注意が必要です。
クッションなど敷いて対策をしておきましょう。

通気性が良い(ローベッドのみ)

ローベッドは床板がすのこ仕様になっているものが多く、床板と床の間にも空間があるので通気性が良いです。

寝汗をかいたり、湿度が高くても湿気が溜まりにくいのでカビや雑菌の発生を抑えられ、清潔な状態を保つことができます。

厚みのあるマットレスが使える(ローベッドのみ)

ローベッドは厚みのあるマットレスでも使えるサイズ感になっています。

寝心地を重視していて、厚みのある高価なマットレスで寝たい人でも使えるようになっています。

なのでフレームとマットレスを別々で買ったのに合わない、なんて失敗も少なくなります。

価格が安い(フロアベッドのみ)

フロアベッドは比較的手に入れやすい価格帯が多いです。

脚などの部品を使わないので必要な部品が少なく、その分ベッド自体が安くなります。

しかし、床板とフレームのみのシンプル構造なのでベッドならではの佇まいは薄れ、安っぽくみえてしまうのも事実。

ローベッドは脚など使用部品が多くなり、ベッド構造もしっかりしているものが多いので価格も数千円~数万円高くなります。

ローベッド・フロアベッドのデメリット

次はローベッド・フロアベッドのデメリットを上げていきます。

メリットと同様に共通のデメリットは名前をローベッドに統一しておきます。

ほこりを吸いやすい(共通)

ローベッドはその低さから圧迫感なく広々した部屋になりますが、それによる弊害も。

その1つとしてほこりを吸いやすくなるのがあります。

ほこりは空中を舞い上がった後に床に堆積していきますが、少なからず20cm~30cmほどの高さを舞っているほこりもあります。

通常のベッドの高さであれば床付近で舞っているほこりを吸うことは少ないけど、ローベッドはちょうど顔がほこりが舞う位置にくるので吸いやすくなります。

健康面でのデメリットがあるので、ハウスダストなどアレルギー持ちの人にはおすすめできないベッドです。

収納スペースがない(共通)

ローベッドはベッド下収納をなくしてその低さを実現しています。

ベッドの下に収納スペースがないので、部屋の収納物は別に収納スペースを設けるか、クローゼットやタンスが必要になります。

なので部屋に収納スペースがなければかえって、部屋を広くするローベッドが部屋を狭くしてしまうことにも。

寝たり起きたりが大変(共通)

通常のベッドであれば椅子に座る感覚でベッドに寝たり起きたりできるけど、ローベッドはそれより低くなるのでちょっと面倒に。

脚腰が悪いとローベッドの低さはかなり負担になり、寝たり起きたりするタイミングで悪化する可能性もあるので、そういった人には向いていないベッドと言えます。

通気性が悪い(フロアベッドのみ)

ローベッドなら通気性は良いのですが、フロアベッドになると通気性が悪くなります。

というのも脚もなく床に直置きで使用するので、床板と床との空間がなくなり空気の通り道が遮断されます。

寝汗などの湿気が下に溜まりやすく、カビや雑菌が発生しやすくなるので定期的にマットレスを浮かせたりと湿気対策が面倒です。

まとめ

以上がローベッド・フロアベッドの違いや、メリット・デメリットでした。

ローベッドにしてもフロアベッド、その他のベッドにもメリットやデメリットが必ずあります。

そのベッドを購入して最終的にメリットの方が大きくなれば、いいベッドを選べたと言えるので自分の目的や生活環境に合っているのかを考えて選ぶといいでしょう。

個人的にローベッド・フロアベッドが置いている部屋を見たら「オシャレでこなれ感あるなぁ」とか思います。

そんなローベッド・フロアベッドの話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました