家具などに見る優秀素材のメラミン化粧板とは?その特徴を紹介

ベッド

ベッドなどの家具に使用されている素材の1つに「メラミン化粧板」というものがあります。

普段だとなんかいい感じの化粧板なんだろうな、くらいにしか気に留めませんよね。

しかしこのメラミン化粧板は、普通の化粧板よりワンランク上の素材であり、キレイに長持ちさせたい家具が欲しい場合は選択肢に入れておきたいところです。

そこで今回は、家具を選んでいると一度は目にするメラミン化粧板の特徴を紹介していきます。

メラミン化粧板とは

基材と呼ばれるMDFやパーティクルボード(繊維板)に化粧紙を貼りつけたものを化粧板(化粧繊維板)と言います。

木目や石目の模様をプリントした化粧紙を製品に貼り付ければ、安価でも本物のような見た目にできます。

この化粧板にメラミン樹脂が含まれたものがメラミン化粧板です。

メラミン樹脂をしみ込ませた化粧紙と繊維板を一緒にプレス成型することで、メラミン化粧板となります。

丈夫なのでカウンターの天板など、傷が入りやすいところによく使われています。

メラミン樹脂とは

「メラミン」と「ホルムアルデヒド」2つの有機化合物でできた樹脂が「メラミン樹脂」でプラスチックの一つです。

身近なもので「激落ちくん」のメラミンスポンジがあり、食器洗いや掃除のときにいつもお世話になってます。

水だけで汚れが落ちやすいのは研磨の効果があるからと言われています。

メラミン樹脂の特性は表面に光沢を与え、硬度を高めることが挙げられ、そのほかにも耐水性・耐熱性・耐摩耗性・対候性といった面でも優れています。

メラミン化粧板のメリット

傷や汚れに強い

メラミン化粧板は表面の硬度が高いので、丈夫で長持ち。

爪でひっかいてしまっても傷が付きにくく、綺麗な状態を保ちやすいです。

また、汚れにも強いのでテープをはがしたときも痕が残りにくい、油性マジックも落としやすいといったメリットもあります。

ベッドフレームや強度が必要とされるテーブルやカウンターの天板にもよく使われています。

熱や水に強い

耐熱性・耐水性もあり、熱のあるものを置いてもコゲ付きにくく、水がかかっても劣化しにくい強さを持っています。

水気の多いキッチンや洗面台にもよく使用されています。

お手入れ簡単

水・汚れに強いので、基本的にお手入れするときは水拭きだけでOK。

手間がかからず簡単な手入れで済むので、めんどくさがりの人も安心です。

気になる汚れがある場合は中性洗剤を含ませて拭き取ってください。

バリエーション豊かなデザイン

化粧紙は色んな模様や色合いにすることができるので、デザインが豊富にあります。

一目見るだけでは本物と見間違えるほど精巧にできているものもあり、どれにしようか悩むのではないでしょうか。

自分好みのデザインを探しやすいのは嬉しいポイントですね。

メラミン化粧板のデメリット

価格が高くなる

メラミン化粧板は機能に優れているので、一般的な化粧板よりも価格はやや高くなってしまいます。

本物の素材より質感は劣る

本物のように高級感ある見た目でも表面上だけになるので、化粧紙が剥がれると一気に味がなくなります。

一度ついた傷は修復がしにくく目立ってしまうので、傷に強いとはいえ取り扱いには注意が必要です。

経年により変化を楽しめる本物と違って、劣化するだけになるので表情を楽しみたい人には物足りないかもしれません。

まとめ

ざっとですがメラミン化粧板について紹介しました。

機能性を見れば非常に優秀な素材の一つなんじゃないかと思います。

天然素材より扱いやすく、デザインの種類も豊富なので自分好みのものも見つけやすさも良いですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました